男性専用の育毛剤の成分は?

男性ホルモンの抑制に効果を発揮する成分

育毛剤には様々な種類がありますが、男性専用の育毛剤に特化した成分と言えば、フィナステリドです。この成分は、男性ホルモンの抑制に効果的な成分だと言われています。男性の薄毛の要因はAGAである場合が多く、その根本的な原因がジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種です。この成分が悪さをすることで男性は薄毛が進行し、次第に目で見てわかるほど髪の毛が無くなっていきます。フィナステリドはAGAの根本的な原因となるジヒドロテストステロンを、抑制する働きが期待できます。AGA治療薬として医療機関でも処方されているので、もし薄毛が進行していると感じた場合は、医師の診察を受けて治療薬を処方してもらうようにしましょう。

フィナステリド以外の有効成分

男性の育毛や薄毛予防に効果的な成分は、フィナステリド以外にもたくさんあります。まず毛母細胞の働きを活性化させるために有効な成分が、センブリエキスやペンタデカン酸グリセリドなどです。センブリエキスは血管を拡張する働きがありますし、ペンタデカン酸グリセリドは男性ホルモンの悪影響を受けにくく、髪の毛の成長に必要な成分を毛母細胞に届ける効果が期待できます。また男性は皮脂の過剰分泌を起こしているケースが多いですが、この抑制に有効だとされている成分が、シャクヤクエキスやドグダミエキスです。シャクヤクエキスはフケや痒みを抑えるだけでなく、抗炎症効果もあります。一方ドグダミエキスは、皮脂の過剰分泌を抑え、頭皮の嫌な臭いも抑制する働きが期待できます。